第7章 この人がいなかったら今の間瀬はない?今の人生を導いてくれた心の師匠

第7章 この人がいなかったら今の間瀬はない?今の人生を導いてくれた心の師匠

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ私の「第6章 また騙された?半年経っても数万円しか稼げなかった現実・・・」

を見ていない方は先にそちらを見ていただければ幸いです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

第6章 また騙された?半年経っても数万円しか稼げなかった現実・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私が、PPCアフィリエイトを始めて、半年経っても、

数千円〜数万円しか稼げなくて、ビジネスそのものを諦めかけたときに

PPCアフィリエイトを始めた頃にSNSで知り合った元看護師で当時セラピスト

だった方に、再びビジネスをやる意義を見出すための喝を入れてもらったことで

今、ネットビジネスで稼げることができました。

 

 

そんな、全然稼げなくて諦めかけていた頃、

元看護師だった女性に腎臓病の件もあって、

毎月のように相談に乗ってもらうほど唯一、何でも話せる存在でした。

 

 

しかも・・・

 

 

その方、自身も看護師を辞めて、

フリーランスのセラピストとして活躍されていた方だったので、

会社勤めでの仕事の大変さとビジネスの大変さが大きく違うことを

嫌という程、経験もしていました。

 

 

私自身、病気の相談とかプライベートな相談をすることはあっても、

決して、PPCアフィリエイトのネットビジネスの話をすることはなかったんです。

 

ただ、その時は思わず愚痴のように、

『PPCアフィリエイト始めて、半年経っても全然稼げないんですよ』

『マジ、100万円、払ったの無駄だったかもです』

そんな風にぽろっと言ってしまったんですね。

 

普通の人だったら、

『そうなんだ〜』、『まぁ、そういうこともあるよね』

とか、同情されて終わると思うんです。

 

でも、その女性からは、同情されるどころか、

チョー怒られたんです。

 

 

思わず愚痴のように言ってしまったことに対して、

『どんなビジネスも甘いものではない』

『楽して稼げるわけないじゃん。ビジネス舐めてるの?』

『すぐに今の会社の給料分まで稼げるようになると思ったら大間違いだよ』

『何のために、やってるの?』

『本気で時間使ってやってるの?』

『本当に、やりつくしたの?』

『諦めるのは簡単!同じ100万円をすでに使っているなら稼げるまで続ければいいじゃん』

 

とまぁ、こんなことを1時間以上もお説教されたんです。

こんなことを本気で言ってくれる人って、

PPCアフィリエイトを真剣に教えて下さっていた師匠も含めて、まずいなかったんです。

 

しかも、私と似たような性格の人だったからこそ

他の人以上に響いた言葉だったのかもしれないです。

 

本当、いま振り返ってみるとありがたいお言葉。

 

身内であれば、間違いなく

『やっぱり、また騙されたんじゃん?』

『無理して、やる必要ないんじゃない』

っていうと思うんです。

 

でも、そんな厳しい言葉ばかりを長々と言われたことで

気付いたことがあったんです。

 

『会社で命令されてやっていることを自分で考えてやるんだから上手くいくわけないか』

『稼げなくて失敗している状態は当然か』

『会社での仕事優先で片手間にやっていたし、本気でやってなかったかも』

『まだまだ、やれることある』

『100万円、確かに使ってるから諦めたら勿体ない』

 

そう再認識して、ビジネスをやる意義を再び見つけることができたんです。

 

何よりも『何で、自分がネットビジネス』を始めたのか。

 

それを再認識して、

最初以上に、心の中に強く誓って再出発をすることができました。

 

 

『今度こそ、マジでやるぞ!』

 

そう踏み切ったからこそ、

さらにPPCアフィリエイトの今までの考え方が大きく変わるチャンスも

得られる展開に。

 

第8章 『運命的な出会いパート2!ビジネスの考えに気付かされて過去の思考が壊れる』に続く