絶対に読んで欲しい記事
PPCのクリック率を掲載順位に左右されずに上げる方法

こんにちは、どうも間瀬です。

 

PPCを効果的に運用していくには、

クリック率を上げていくことが超大切です。

 

クリック率を上げるだけでも、

キーワードによっては、1クリックにかかる費用を

下げていくことも可能ですから。

 

費用対効果をよくするためにも、

PPC広告のクリック率を上げることは大切なのです。

 

ただ、誰もが、

掲載順位で1位をとることができないと、

クリック率は上げられないと考えています。

 

ですが、広告文をこだわっていけば、

掲載順位で1位をとれなかったとしても、

クリック率を引き上げることは十分可能なのです。

 

そこで、今回は、

掲載順位に左右されることなくPPC広告でクリック率を

上げるコツをお話ししていきたいと思います。

PPCのクリック率は掲載順位が高いほど押されやすい!ただ・・・

掲載順位で1位を取ることができなくても、

広告のクリック率を平均値と言われている、

1%〜2%よりも高くすることは可能です。

 

ただ、掲載順位に左右されることなく、

クリック率を伸ばしていくことができる一方で、

掲載順位で1〜2位をとることができるのであれば、

さらにクリック率を上げることは可能なので、

その順位を目指すことは大切です。

 

ですが、キーワードによっては、

ライバルも多く、かなりの金額を引き上げないと、

そもそも1位や2位をとることは予算的にも無理!!

という場合もあるでしょう。

 

掲載順位で1位や2位がとれないから、

広告で集客することは難しい。

と思って諦めてしまうこともあり得ます。

 

ただ、掲載順位で1位や2位がとれないからといって、

簡単にPPC広告での集客を諦めてしまうのは、

非常にもったいないです。

 

掲載順位で1位や2位をとれなかったとしても、

広告で高いクリック率をたたき出すことは十分できますから。

 

(実際に私が過去に運用していた広告)

掲載順位が、『3.7位』と、

3〜4位の間の順位であったとしても

9.2%のクリック率を叩き出すこともできるのです。

 

それは、単純に掲載順位ではなく、

広告文の書き方をこだわっているからこそ、

平均的なクリック率の数値を大きく超えることも

可能なのです。

 

以前に、こちらの記事でも広告文の大切さや、

コツについてもお伝えしているので、

まだ見ていない人は、この記事の後にでも読んでもらえれば

と思います。

掲載順位に左右されずにPPCのクリック率を上げるなら広告をこだわれ!

先程まで、PPCのクリック率は、

広告文さえこだわれば掲載順位に左右されることなく、

クリック率を上げることが可能である。

と、いうことについてお伝えしました。

 

PPC広告で高いクリック率を出すには、

掲載順位が仮に低かったとしても、

広告文さえこだわれば十分可能です。

 

ただ、もちろん、

掲載順位が上がれば上がるほど、

広告の露出頻度も増え、クリックされやすくなるため、

高いクリック率を生み出しやすいのも、また事実です。

 

ですが、何度もお伝えする通り、

掲載順位に左右されることなく、クリック率を上げるには、

広告文をこだわることが大切です。

 

過去の別の記事でもお伝えしていることにはなりますが、

高いクリック率を生み出すためにも必要な広告文の書き方は、

もちろんあります。

 

その1つのコツとしてお伝えするのであれば、

以下の3つのポイントを意識して広告文をつくることが

大切です。

 

高いクリック率を生む広告文の作り方
  • 1.数字を入れる。
  • 2.疑問文を使う。
  • 3.漢字をたくさん使わない。

これだけ覚えれば、

広告文で高いクリック率を生み出すことは十分可能です。

 

漢字をたくさん使わない。というポイントは、

なんとなく分かる人もいるのではないでしょうか。

 

漢字がたくさん並んでいると、

どことなく中国語のようにも見えますよね?

 

例えば、

「今日は割引キャンペーン実施中」と、

「今日割引実施中」

の2つを比べたら間違いなく、

「今日割引実施中」の方が読む気失せないでしょうか?

 

私であれば、「今日は割引キャンペーン実施中」

の方が、じっくり見ようとも思います。

 

そのくらい、漢字だらけだと見辛くて、

スルーされやすかったりもするのです。

 

ですから、漢字を連続で多用しまくる広告文は、

クリック率が上がりづらかったりもします。

 

また、別の要素でいう、

数字を入れる。というテクニックも広告文で、

高いクリック率を生み出すには大切です。

 

「今日は割引キャンペーン実施中」を、さらに修正し、

「今日の18時から割引きフェア実施中」と変えたらどうでしょう。

先ほどよりは具体的なイメージもつきやすくなった。

とは思わないでしょうか。

 

つまり、具体的なイメージをつけさせて

イメージを沸かせるためにも数字を使うことは

非常に効果的なのです。

 

さらに、特殊要素ではありますが、

疑問文形式で広告文を出すこと。

これも非常にオススメです!

 

普通の広告文とは、また違った形式にはなりますが、

疑問文にすることで、ユーザーに考えさせる広告文に

することができます。

 

ユーザーに考えさせる広告文であれば、

間違いなく目にとまる頻度も増えます。

 

例えば、

「本当に風邪を引かない」と

「本当に風邪を引かない?」

を比べただけでも、「?」1つある文章の方が、

注目がいかないでしょうか?

 

この「?」1つ使うだけでも、

相手に考えさせる広告文をつくることができ、

広告文に注目を集めることも可能です。

 

他にも、広告文でクリック率を伸ばすためのコツは、

まだまだあります。

 

ですが、この3つを駆使するだけでも、

いまクリック率が1%もなくて困っている人であれば、

間違いなく数倍に跳ね上がる広告文をつくることは

可能になるでしょう。

 

そのくらい、この3つのポイントは、

広告文をつくる上で非常に大切な要素になります。

まとめ

今回は、掲載順位に左右されることなく

PPC広告でクリック率を上げるコツについて

お話ししてきました。

 

過去の記事でもお伝えしましたが、

広告費を抑えながらも成果を生み出し、

費用対効果を良くしていくには広告文は命です。

 

広告文のクリック率を高くできるか。できないかだけでも、

下手をすれば倍の広告費をかける場合だってあり得るのです。

 

そのくらいPPCでは、

広告1つで大きく左右される集客方法になります。

 

さらには、掲載順位にとらわれることなく、

高いクリック率を生み出すためにも必要な要素を

理解した上で、単価の安いキーワードを見つけて

1〜2位をとることさえできれば、さらにクリック率は上げることができます。

 

掲載順位が低いからこそ、

クリック率が6%とかで止まっていたとしても、

1位をとれれば、クリック率を10%に伸ばすことだって

できるかもしれません。

 

反対に、どんなにクリック単価を上げたとしても、

掲載順位が4位しかいかない。

そういう場合でも、広告文をこだわることで、

クリックされるようになりクリック率を高めることもできます。

 

つまり、今回お伝えした内容と、

掲載順位で上位をとる。この2つが合わさったら、

さらに大きな成果を期待していけるでしょう。

 

・・・・・というわけで、今回は、この辺で!

 

今回の内容が、PPCのクリック率を

上げることができなくて悩んでいる人にとって、

少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

それでは、また次回のブログ更新をお楽しみに♪

PS.

今回の記事やブログを読んで、

 

「勉強になった」とか「ここはどうなの?」

「もっと、こんな内容を知りたい!」

「とにかく、今の悩みや愚痴を聞いて欲しい!」

 

など、ブログへの感想や要望、間瀬に相談したいこと

ネット集客の相談などがあれば、ぜひ、下にあるコメント欄または、

お問い合わせから間瀬へ気軽にメッセージを頂けると嬉しいです。

 

⇨間瀬への相談や問い合わせはこちら



ブログランキング参加中です!
上位を抜くために頑張っているので
応援してくれる方は下のバナーをポチッと押してください!
※変な怪しいサイトに飛んだりしませんのでご安心を
↓ ↓ ↓




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仕事ができず毎日、上司に怒られ
休日までも奪われる日々を過ごしていたダメリーマンライフ。

気付けば月の残業150時間超え。

とある1人の女性経営者との運命的な出会いから、
ネットビジネスの世界に飛び込み人生を大逆転する物語が始まり、
現在は趣味に生きながら150人以上の人生を変える男に。

物語の続きが気になる方は、
下のリンクから続きをチェックしてくださいね♪


↓ ↓ ↓

ダメリーマン間瀬がビジネスで変わった秘密はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事