絶対に読んで欲しい記事
仕事ができない頑固者はどうすればいい?←ビジネスコンサル生150人超えのスペシャリストがお答えします

こんにちは、どうも、間瀬です。

 

仕事ができない割には、

頑固という人もいますよね。

 

これは、いま私のやっているビジネスで

コンサルティングをしているコンサル生の中にも、

このようなタイプの人はいたりします。

 

ですが、そんな頑固な人って何を言っても聞いてくれないし、

扱いづらいなんてことはありません。

 

人に教える機会が全く持てない会社勤めの方からしたら、

専門的に教育の仕事をしている訳ではない限り、

仕事ができない頑固な人をどうしたらいいのか。

悩むことも無理はないです。

 

そこで、今回は、

仕事ができない頑固な人をどうやったら

変えていくことができるのか。

その方法についてお話していきたいと思います。

仕事ができない頑固な人は決して人の言うことを聞かないようにしている訳ではない

仕事ができない割に頑固な人っていうのは、

正直なところ、わざと人の言う事を

聞かないようにしている訳ではありません。

 

ちなみに、会社員時代の頃から私は、

後輩の教育やパートナーさんの教育もやっていました。笑

 

ですが、会社員時代の頃は、

頑固な人ほど、何度も言った通りに仕事をしてくれないので、

本当面倒だと思っていました。

 

もしも、会社の同僚で頑固な人がいる場合、

もしかしたら同じような気持ちを思っている人が

現状いるかもしれません。

 

その気持ちは痛いほどわかります。

ですが、ネットビジネスを通して独立してから、

ビジネスのコンサルティング活動をするようになって

気付いたんです。

 

当時、思っていた「頑固な人 = 言う事を聞かない」

この考え方は誤りでした。

仕事ができない頑固な人ほど納得しない限り自分のやり方を貫く!

実は、頑固な人は全くもって人の話を聞かないのではなく、

自分の中で納得がいかないと何を言われても自分が正しい

と思い、人の言っている事を信じない。

 

それだけの理由でした。

 

これは、頑固じゃない人でも、

少しは起こり得る傾向の1つだとは思いますが、

その人の言っている意味が理解できなかったり、

本当にそれで上手くいくのか心配。

 

ただ、その気持ちが強いのが頑固な人の特徴であり、

納得できないから言った事を聞いてくれず

自分のやり方を貫いていたりするんです。

もしも頑固者を変えたいなら、1つ1つのプロセスを理解させることが大切

もしも、そんな仕事ができない頑固な人を

少しでも変えさせたい!頑固な部分を崩したい!

と思っているなら、ただ1つ。

 

その頑固な人に、1つ1つ丁寧に説明して、

納得させることがポイントです。

 

ですが、頭ごなしに、

「〇〇のやり方じゃないとダメ。」

「なんで言った通りにできないの。」

と、言ったようなことを言ってしまったら

いつまで経っても、その人は変わらないでしょう。

 

ここで大切なのは、相手が考えているやり方も

きっちり聞いた上で、自分が求めている答えに

考えを近づけていってあげることです。

 

例えば、仕事ができない頑固な人が、

あまりにも遅刻や休みが多かったとします。

 

その時、大抵の方は、

「遅刻しないように!」とか

「なんで、こんなに休んでばかりなんだ!」

と話すかもしれません。

 

ですが、もしも、こんな風に言ったらどうでしょう。

「遅刻するのはいいけど、〇〇さんが遅刻してしまうと、

他の人の時間が労働時間を余計にとって負担がかかってしまうから、

〇〇さんが遅刻してしまうだけで痛手なんだよね。

だから遅刻は減らしてほしい。」

 

さきほど、「遅刻しないように!」と一言で終わらせてしまったことを

より1つ1つ起こり得ることを具体的にして、

遅刻しないように!というメッセージを伝えています。

 

要するに同じことは伝えているんです。

 

ですが、伝わり方や価値生は物凄く変わるかと思います。

 

会社員で新人の教育などを任される人は、

大抵、人を教育した経験を持っていないので、

自分とは遠い位置にいる性格の人ほど教育しづらかったりします。

 

だからこそ、頑固な人が苦手。という人も多いのですが、

簡単に言うと、具体的に必要性を伝えながら、

本当に伝えたいメッセージを話す。

このような流れを意識すると段違いで変わるでしょう。

納得してても上手くいかない時は、出来ている事と出来ていないことを伝えてあげることが重要

もし、先ほど伝えた内容で、「納得してくれるようになった。」

それでも、仕事ができない頑固な人が思い通りにならない

 

この場合にやるべきことも、たったの1つだけになります。

それは頑固な人が出来ていることと出来ていないことを、

こちらが仕分けして理解させてあげることです。

 

人によっては、自らの考えを曲げない頑固な人に見えて、

実は頑固なのではなく、物事の整理が苦手だから

仕事ができない場合もあります。

 

なので、

「もっと〇〇に対してはこうした方がいい」

「だけど、△△はできているから、それは貫いた方がいい」

など、切り分けてあげる事で、

その人が今すぐにやらなきゃいけないことを絞ることができます。

 

多くの人は物事を同時に理解しながら進めることができませんので、

1度に複数のことをできるようにさせるのではなく、

なるべく、その人が出来るようにならなきゃいけないことを

絞ってあげる。それだけでもホントに変わりますよ。

まとめ

今回は、仕事ができない頑固な人をどうやったら

変えていくことができるのか。という方法について

お話しました。

 

仕事ができない頑固な人は、

どうにもならない厄介者では決してありません。

 

ただ、自分の主張や考え方をきちんと持っている人であり、

そのやり方と教えてもらっている内容とのズレが生じている一方で

納得のいく方法だということが伝わっていないからこそ、

厄介な結果を招いているだけのことが多くあります。

 

ですが、きちんと教えていることに対して、

納得させることさえ上手くできれば、

仕事ができない、ただの頑固者と思っていた人も

即戦力になる可能性だって十分あります。

 

つまり、面倒ではありますが、何よりも重要なのは、

伝え方を工夫する。

それだけのことなんです。

 

ただ、伝え方さえ身についてしまえば、

仕事以外の同じようなケースでも十分応用することも

可能となるトーク技術をマスターしたとも言えます。

 

もしも、会社で今まわりに仕事ができない頑固な人がいて

困っている方であれば、ぜひ今回お伝えした事を

参考に実践して頂けたら嬉しく思います。

 

また、仕事ができない頑固者でも、

デキる仕事マンに育てる方法についてこちらの記事でも

紹介しているので、こちらも参考にしてもらえれば。

と思います。

 

 

というわけで、今回はこの辺で!

それでは、またのブログ更新をお楽しみに♪

 

あなたのペースで会社でもビジネスでも使える知識を学ぶ

ビジネスでもデキる仕事マンになるための考え方を
無料のメールマガジンでゆるっと配信中!!

ダメリー間瀬でも変われた!!
自分の望む成功人生を掴む5つの考え方を学んで、
あなたも、今日からチェンジライフ♪



ブログランキング参加中です!
上位を抜くために頑張っているので
応援してくれる方は下のバナーをポチッと押してください!
※変な怪しいサイトに飛んだりしませんのでご安心を
↓ ↓ ↓




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仕事ができず毎日、上司に怒られ
休日までも奪われる日々を過ごしていたダメリーマンライフ。

気付けば月の残業150時間超え。

とある1人の女性経営者との運命的な出会いから、
ネットビジネスの世界に飛び込み人生を大逆転する物語が始まり、
現在は趣味に生きながら150人以上の人生を変える男に。

物語の続きが気になる方は、
下のリンクから続きをチェックしてくださいね♪


↓ ↓ ↓

ダメリーマン間瀬がビジネスで変わった秘密はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事