第2章 残業150時間超え!ろくな睡眠がとれず毎日体調不良の日々・・・

第2章 残業150時間超え!ろくな睡眠がとれず毎日体調不良の日々・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ私の「第1章 将来のためにと思って始めたSEが絶望の始まりだった・・・」を見ていない方は

先にそちらを見ていただければ幸いです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

第1章 将来のためにと思って始めたSEが絶望の始まりだった・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

当初は、お店を出すためにHPが作れるようになりたい!

だから、SEで働きながら勉強したい!

って思ってSEになったはずだったのに、

1年目にして1人で上流工程〜下流工程までの運用と

派遣先の子の教育、チームリーダーのフォローをすることになり

過酷なSE人生を送ることになった私。

 

ただ、仕事量は増えた一方で、次の日にいきなり過酷な仕事になった

かというと、そうではないので、何とか新人としての1年目でありながら

仕事を定時の19時までに終わらせて帰れるレベルでした。

 

どんなに遅かったとしても、20時までには帰れていたので、

「まぁ、仕事って、こんなもんか?」

って思える心境ではありました。

 

ただ、この数ヶ月後の2年目になってからは、

新人の面倒を見ながら、私自身の仕事をこなしたり、

急にリーダーのお手伝いの仕事が入ったり・・・

 

「あれ?私の仕事やる時間が、3時間しかない?」

 

って、いつの間にか業務内に、

私自身が会社で引き受けている仕事ができなくなっていたんです(泣)

 

その当時のおおまかな流れが、

朝起きる→10時に会社に出社する→午前、後輩の面倒とメールのチェックをする→昼休憩→14時〜、先輩から頼まれた仕事をやる。→ミーティングに参加する。(この時点で、16時)→私自身の仕事をする。→私自身の仕事が終わらず残業→終電で家に帰る(片道通勤に1時間20分)→夜中に家に帰宅。→夜中に、明日のお弁当や夜ご飯づくり。→youtubeを見る。→早く休日にならないかな〜って思いながら夜中の3時すぎに、ようやくベットに入って寝る。

 

平日は、気付けば、こんな毎日を過ごしていました。

 

入社当初は、私の将来に役立つ知識を勉強できている!って

実感もあったので、楽しくて楽しくて仕方がなかったSEなのに、

忙しくなって私自身の時間がなくなって、毎日、仕事に追われる

日々になった瞬間、仕事に行きたくない。って考えるように変わってしまっていたんです。

 

しかも、気付けば毎日、終電まで残業をしている上に、

仕事が終わる気がしない毎日。

仕事が終わる気がしないからこそ、不安で休日も休み返上で

朝から夕方まで会社に1時間以上もかけて出勤・・・

 

毎日のように頭の片隅には

 

「納期が・・・」「ノルマ終わらなかったらどうしよう」「先輩に怒られたくない」

 

とか、責任感が人一倍強い上に、完璧主義者だったので、

何でも完璧にこだわっていて不安な気持ちしかなかったので、

肉体的にも精神的にも疲れ切って、気づいたら毎月のように

残業が150時間超えで、ろくに安心して睡眠もとれない生活

を送っていました。

 

いくら食事を頑張っていても、夜中に帰ってきて作っていたので、

どうしても手抜きなご飯になってしまい、

気付けばストレスで食べる方向に走って、10kg以上も太るは、

毎日、風邪を引いたときみたいに「体がだるい」、「頭がぼーっとする」

っていう状態で、リポDとかレッドブルをダブルで飲んで、無理やり体を

動かすって生活にもなっていました。

 

SEだと、周りがそんな人ばかりだったので、

それが当たり前と思うこともありました。

 

でも、今思うと当たり前ではないんです!!

 

そもそも、慢性腎炎の腎臓病も持病として持っていたのに、

毎日、睡眠もとらず、栄養剤を飲んでいる日々を過ごしている時点で

私自身の将来となる数年後を考えていない生活を過ごしていたんです。

 

「こんな生活を望んでいたわけではない!!」

 

人の健康を支えるためにお店を出したかったのに何をやっているんだ。

SEになったのは、勉強するためであって、SEを一生死ぬまで続けていく

生活を送るためにSEになったんじゃない。

私のやりたいことのための一環で入ったのに何で、

この生活を普通と思っているんだ自分は。

 

って、学生の頃の将来の夢や目標に満ち溢れていた頃のことを

思い出して、今の生活のあり方が違うって痛感することができたんです。

 

なので、今の状況が忙しくて、

ろくに睡眠時間がない。ってことが分かっていても、

副業として何かしらビジネスを始めて、

自分自身に稼ぐ力を付ければ仕事を辞められる!

 

そう思って、私の将来のために、

過酷なSE生活の中、さらにもう1つやることを増やして、

自分の目標に向けて再出発することを決めたんです。

 

それで、仕事の合間や帰り道で、

とりあえずお金を稼ぐ方法をネットで色々調べていき、

アンケートモニターとか、FXとか・・・とにかく色んなものを調べたり、

「SNSで、稼いで自由に旅行行ったりして生活してます^^」

的な、今では、いかにも怪しそうな内容だと思うものも

話を聞きに行ったりして、とにかく貪るようにお金を稼ぐ方法について情報収集して、初期投資をして始めるものも数多くありました。

 

ただ、「ビジネスで稼げるようになって、会社を辞めて、

将来やりたいことに向かっていけるように」っていう

ワクワクと期待の気持ちの反面、情弱だった私は、

そのあと、世の中の人は良い人ばかりではなく、楽して稼げるような

うまい話はないんだ。って死ぬほど痛感するくらい痛い目をみる結果になったんです。

 

第3章 「将来を変えるためのビジネスで騙され続け1度は人間不信に・・・」続く